CROSSROAD CAFE

兵庫県は伊丹市、三軒寺広場のほっこりカフェ

阪神淡路大震災から25年

2020年は阪神淡路大震災から25年
あの日から25年…。

2月生まれの次男啓はピロンのお腹の中。
25才になるんやなあ、今年。

あんとき僕は40才
まだクロスロードカフェは存在すらしていない

ちょうどスキーに行く予定だった早朝。

7階で長男佳純4才長女亜裕2才とピロンと川の字で寝てた。起きてたかも覚えてないけど、船のように揺れたのを覚えている。リビングではテレビが真ん中に移動してるは、食器棚はぐちゃぐちゃに。あんときは健在の親父もほんとうに怖がってたな。

ほどなく なんか非常ベルのような音がして、あれが電話の音とはなかなか気がつかなかった。
今はもう死んでしまった、島根の友人から。
その時にはじめて神戸に地震があったこと、かなり厳しい状況なのを知った。
一階に降りるとシャッターの中から化粧品や香水の匂いで中の状態を瞬時に想像できた。

前年に竣工したばかりのビルはタイルが剥がれ、目もあてられなかったな。
宮ノ前の叔母さん家が気になり向かうとアーケードの中は電柱が傾き電線が空中をぶらぶら ガスの臭いが充満し、戦争かいなコレって感じたのもよく覚えている。(まだ再開発ビルもなかったんやなあ)
家に戻ると6階から阪急伊丹駅が傾いているのも見え、なすすべもなかってなんか買いに走ったのかな、あまり覚えてないけど。
ほんとあの日のことは…。

いろんな人たちに助けてもらった。
当時の取り引き先の資生堂、ナリス化粧品、ダスキンなどからの支援や友人たちからの見舞いなどがあって今があるんやなってのを改めて感じる。

1月17日にライブをしていただく、琢磨仁さん啓子さんご夫妻とは2003年昆陽池公園震災追悼の集いで知り合った。
僕ら家族は毎年震災の前の夜と震災の日5時46分に昆陽池でロウソクを灯している。
そんな時に聞き覚えのある歌声がし、よくみると
桑名晴子さん。ハーフムーンとミニライブをしたはった。そんときにライブをお願いしたんやなあ。湘南からボランティアで来ていただいていることに感動した。
そして2004年2005年と続いてライブをしてもらった。
それ以来15年ぶりにクロスロードカフェでライブをしていただく。

当日は伊丹でもオトラクなどでよく演奏していただいている、おがわてつや(ウクレレ)30代半ばぐらい。そしてWADOで知り合った閑郡ゆうき(フォークシンガー)20代なかばなんで震災を知らない世代  おふたりに前座をお願いしている贅沢なライブになります。

まだまだお客さんが少ないんで、ビビっときたらぜひご予約を!クロスロードカフェへの電話でもOKです。

よろしくお願いします。

2020年クロスロードカフェライブは
Half Moon ライブ!
https://www.facebook.com/events/635611703875958/?ti=icl

Half Moon ライブ

日時   1月17日(金)pm7:30〜

場所   クロスロードカフェ

チャージ 2500円 ワンドリンク別
ゲスト  おがわてつや   閑郡ゆうき

Half Moonプロフィール
湘南の波の音、風のささやきが自然な生き方を通して歌になると愛と平和の心が満ちあふれる。
KUWATA BANDのベーシストとして活動した琢磨 仁とNHK「みんなのうた」に楽曲提供の琢磨啓子の心地良さ満点のアコースティック・ユニット。

■ 琢磨 仁(ベース、ウクレレ、ボーカル、プロデュース)
KUWATA BAND、宇崎竜童 & RU Connection with 井上堯之、小林克也& The NO 1 Bandのメンバーとして活動。
フォトグラファー、ドローングラファー、デザイナーとしても活動中。
現在は琢磨啓子と共に Half Moon として活動。
230 Nama-Raika(柳沢二三男、成田昭彦、深町 栄、琢磨 仁)のメンバーとしてライブ活動中。

桑田佳祐、世良公則、斉藤誠、今井美樹、増田俊郎など多くのアーティストのレコーディングやツアーにベーシストとして参加。
桑田佳祐作曲「メリージェーンと琢磨 仁」のモデルとなる。

阪神淡路大震災25年 激震の記録1995
取材映像アーカイブ
https://www.asahi.co.jp/hanshin_awaji-1995/